黒木研究室 -大阪大学理学研究科物理学専攻-

主な研究テーマ

メニュー

このサイトについて

大阪大学大学院理学研究科物理学専攻黒木研究室のウェブサイトです。当研究室への進学を考えている学生の方は、アドミッションポリシーをご覧下さい。

このサイトはIE8以下ではデザインが酷くくずれる場合があります。Firefox, Google Chrome, Safari, Opera最新版を推奨しております。

新着情報

2022年5月23日
西口らの論文“ Possibility of N-type Doping in CaAl2Si2-type Zintl Phase Compound CaZn2X2 (X = As, P) ”がJ. Phys. Soc. Jpn.に掲載されました。
2022年3月22日
越智らの論文“ First-principles study of defect formation energies in LaOXS2 (X=Sb,Bi) ”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2022年3月17日
当研究室では特任助教または特任研究員1名を公募しております(公募期限2022年5月30日)。詳細はこちら → 募集は終了しました。
2022年2月7日
水野らの論文“ Simplification of the Local Full Vertex in the Impurity Problem in DMFT and Its Applications for the Nonlocal Correlation ”がJ. Phys. Soc. Jpn.に掲載されました。
2021年12月22日
森らの論文“First-principles study of the electrical resistivity in zirconium dichalcogenides with multivalley bands: Mode-resolved analysis of electron-phonon scattering”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2021年8月2日
水野らの論文“Development of an efficient impurity solver in dynamical mean field theory for multiband systems: Iterative perturbation theory combined with parquet equations”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2021年6月15日
山崎らの解説記事“新銅酸化物高温超伝導体Ba2CuO3+δの多軌道模型に基づく理論”が固体物理(2021年6月号)に掲載されました。
2021年5月31日
当研究室では助教1名を公募しております。詳細はこちら → 募集は終了しました。
2021年5月20日
東大物性研他との共同研究成果である論文“Visualization of the strain-induced topological phase transition in a quasi-one-dimensional superconductor TaSe3”がNat. Mater.に掲載されました。プレスリリースはこちら
2021年5月14日
阪大花咲研他との共同研究成果である論文“Tunable spin-valley coupling in layered polar Dirac metals”がCommun. Mater.に掲載されました。プレスリリースはこちら
2021年1月19日
東京都立大学、島根大学との共同研究成果である論文“Possible pairing mechanism switching driven by structural symmetry breaking in BiS2-based layered superconductors”がSci. Rep.に掲載されました。プレスリリースはこちら
2021年1月4日
東京大学物性研究所他との共同研究成果である論文“Evidence for a higher-order topological insulator in a three-dimensional material built from van der Waals stacking of bismuth-halide chains”がNat. Mater.に掲載されました。プレスリリースはこちら
2020年11月24日
京都大学他との共同研究成果である論文“Strain-induced creation and switching of anion vacancy layers in perovskite oxynitrides”がNat. Commun.に掲載されました。プレスリリースはこちら
2020年11月20日
北峯らの論文“Designing nickelate superconductors with d8 configuration exploiting mixed-anion strategy”がPhys. Rev. Researchに掲載されました。
2020年10月14日
越智らの論文“Quantifying the stability of the anion ordering in SrVO2H”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2020年9月2日
山崎らの論文“Superconducting mechanism for the cuprate Ba2CuO3+δ based on a multiorbital Lieb lattice model”がPhys. Rev. Researchに掲載されました。
2020年8月13日
榊原らとの共同研究成果である論文“Model Construction and a Possibility of Cupratelike Pairing in a New d9 Nickelate Superconductor (Nd,Sr)NiO2”がPhys. Rev. Lett. (Editors' Suggestion)に掲載されました。プレスリリースはこちら
2020年6月9日
坂本らの論文“Possible enhancement of superconductivity in ladder-type cuprates by longitudinal compression”がPhys. Rev. Researchに掲載されました。
2020年5月11日
加藤らの論文“Many-variable variational Monte Carlo study of superconductivity in two-band Hubbard models with an incipient band”がPhys. Rev. Researchに掲載されました。
2020年4月7日
越智が令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。
2020年3月23日
松本らの論文“Strongly Enhanced Superconductivity Due to Finite Energy Spin Fluctuations Induced by an Incipient Band: A FLEX Study on the Bilayer Hubbard Model with Vertical and Diagonal Interlayer Hoppings”がJ. Phys. Soc. Jpn.に掲載されました。
2020年1月8日
呉松らの論文“First-principles Study of LaOPbBiS3 and Its Analogous Compounds as Thermoelectric Materials”がJ. Phys. Soc. Jpnに掲載されました。

一定期間過ぎたものは過去のニュースに移動しています。