黒木研究室 -大阪大学理学研究科物理学専攻-

主な研究テーマ

メニュー

このサイトについて

大阪大学大学院理学研究科物理学専攻黒木研究室のウェブサイトです。当研究室への進学を考えている学生の方は、アドミッションポリシーをご覧下さい。

このサイトはIE8以下ではデザインが酷くくずれる場合があります。Firefox, Google Chrome, Safari, Opera最新版を推奨しております。

新着情報

2019年11月14日
小倉の博士論文“Theoretical Study of Electron Correlation Driven Superconductivity in Systems with Coexisting Wide and Narrow Bands”がSpringer Thesesとして出版されました。
2019年11月5日
越智が令和元年度大阪大学賞(若手教員部門)を受賞しました。
2019年9月6日
越智らの論文“Comparative First-Principles Study of Antiperovskite Oxides and Nitrides as Thermoelectric Material: Multiple Dirac Cones, Low-Dimensional Band Dispersion, and High Valley Degeneracy”がPhys. Rev. Appl.に掲載されました。
2019年9月5日
平山らの論文“Theoretical study of fluorine doping in layered LaOBiS2-type compounds”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2019年6月21日
大阪大学・大学院理学研究科・物理学専攻では、当研究室所属の准教授を公募しております。→募集は終了しました(2019年10月31日)。
2019年6月17日
当研究室では、熱電変換物質に関する理論研究を推進していただける特任研究員を募集しています。→募集は終了しました(2019年8月10日)。
2019年6月8日
阪大花咲研、東京大学との共同研究成果である論文“Large Enhancement of Thermoelectric Efficiency Due to a Pressure-Induced Lifshitz Transition in SnSe”がPhys. Rev. Lett.に掲載されました。プレスリリースはこちら
2019年4月23日
越智らの論文“Effective interaction for vanadium oxyhydrides Srn+1VnO2n+1Hn (n = 1 and n → ∞): A constrained-RPA study”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2019年4月12日
臼井らの論文“Hidden kagome-lattice picture and origin of high conductivity in delafossite PtCoO2”がPhys. Rev. Mater.に掲載されました。
2019年3月12日
平山らの論文“Substitutional and interstitial impurity p-type doping of thermoelectric Mg2Si: a theoretical study”がSTAMに掲載されました。
2019年2月12日
東京大学、東京工業大学、物質・材料研究機構、Diamond Light Source、広島大学、DESY Photon Science、Elettra Sincrotrone、理研CEMSとの共同研究成果である論文“A weak topological insulator state in quasi-one-dimensional bismuth iodide”がNatureに掲載されました。プレスリリースはこちら。この成果は、日本経済新聞(2019年2月18日)に取り上げられました。
2019年1月15日
越智らのレビュー論文“Theoretical Aspects of the Study on the Thermoelectric Properties of Pnictogen-Dichalcogenide Layered Compounds”が J. Phys. Soc. Jpn.に掲載されました。
2018年8月3日
越智らの論文“Possible correlated insulating states in magic-angle twisted bilayer graphene under strongly competing interactions”が Phys. Rev. B (Rapid Communication)に掲載されました。
2018年8月2日
越智らの論文“Thermoelectric performance of materials with CuCh4 (Ch = S, Se) tetrahedra: Similarities and differences among their low-dimensional electronic structure from first principles”がPhysical Review Materialsに掲載されました。
2018年8月2日
Keith Slevinらの論文“Critical Exponent of the Anderson Transition Using Massively Parallel Supercomputing”がJ. Phys. Soc. Jpn.に掲載されました。
2018年2月21日
東京大学、物質・材料研究機構、理研CEMS、JASRI、日本原子力研究開発機構らとの共同研究成果である論文“Experimental Determination of the Topological Phase Diagram in Cerium Monopnictides”がPhysical Review Lettersに掲載されました。プレスリリースはこちら
2018年2月2日
越智が福井謙一奨励賞(第2回)を受賞しました。
2018年2月1日
九州大学、産業技術総合研究所、広島大学、筑波大学、日本原子力研究開発機構との共同研究成果である論文“Retreat from Stress: Rattling in a Planar Coordination”がAdvanced Materialsに掲載されました。プレスリリースはこちら
2018年1月19日
松本らの論文“Wide applicability of high-Tc pairing originating from coexisting wide and incipient narrow bands in quasi-one-dimensional systems”がPhysical Review Bに掲載されました。
2017年12月19日
越智らの論文“Prediction of the High Thermoelectric Performance of Pnictogen Dichalcogenide Layered Compounds with Quasi-One-Dimensional Gapped Dirac-like Band Dispersion”がPhysical Review Appliedに掲載されました。
2017年11月24日
京都大学、東京大学、マックスプランク研究所、久留米工業大学との共同研究成果である論文“Current-induced strong diamagnetism in the Mott insulator Ca2RuO4”がScienceに掲載されました。プレスリリースはこちら。この成果は、日刊工業新聞(2017年11月24日)と日経産業新聞(2018年1月24日)に取り上げられました。
2017年11月14日
小倉らの論文“Possible high-Tc superconductivity due to incipient narrow bands originating from hidden ladders in Ruddlesden–Popper compounds”がPhysical Review Bに掲載されました。
2017年10月26日
越智が第12回日本物理学会若手奨励賞(領域11)を受賞しました。
2017年10月10日
水野らの論文“DMFT Study on the Electron-hole Asymmetry of the Electron Correlation Strength in the High Tc Cuprates”がJournal of the Physical Society of Japanに掲載されました。
2017年9月26日
東京大学、理研CEMS、バンドン工科大学、メリーランド大学、KEK、Helmholtz-Zentrum Berlin、JASRIとの共同研究成果である論文“Evidence for magnetic Weyl fermions in a correlated metal”がNature Materialsに掲載されました。プレスリリースはこちら
2017年8月8日
森らの論文“Temperature- and doping-dependent roles of valleys in the thermoelectric performance of SnSe: A first-principles study”がPhysical Review Bに掲載されました。
2017年6月19日
中田らの論文“Finite-energy spin fluctuations as a pairing glue in systems with coexisting electron and hole bands”がPhysical Review Bに掲載されました。
2017年4月1日
黒木和彦がJournal of the Physical Society of JapanのOutstanding Refereeに選出されました。
黒木和彦がNew Journal of PhysicsのOutstanding Refereeに選出されました。

一定期間過ぎたものは過去のニュースに移動しています。

最近の更新情報

2019年4月8日
文献などを更新しました。
2019年4月1日
メンバーを更新しました。
2018年4月9日
文献を更新しました。
2018年4月1日
メンバーを更新しました。
2017年4月10日
文献を更新しました。
2017年4月1日
メンバーを更新しました。
2016年11月7日
熱電効果に関する情報などを追加しました。

一定期間過ぎたものは過去の更新情報に移動しています。