黒木研究室 -大阪大学理学研究科物理学専攻-

主な研究テーマ

メニュー

このサイトについて

大阪大学大学院理学研究科物理学専攻黒木研究室のウェブサイトです。当研究室への進学を考えている学生の方は、アドミッションポリシーをご覧下さい。

このサイトはIE8以下ではデザインが酷くくずれる場合があります。Firefox, Google Chrome, Safari, Opera最新版を推奨しております。

新着情報

2024年5月24日
栫らの論文“Pair correlations of the hybridized orbitals in a ladder model for the bilayer nickelate La3Ni2O7”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2024年4月22日
栫らと阪大椋田研他との共同研究成果である論文“Multiband Metallic Ground State in Multilayered Nickelates La3Ni2O7 and La4Ni3O10 Probed by 139La-NMR at Ambient Pressure”がJ. Phys. Soc. Jpn.に掲載されました。Editors' Choiceにも選定され、JPS Hot Topicとして紹介されました。プレスリリースはこちら
2024年4月10日
鳥取大、NIMS、同志社大との共同研究成果である論文“Theoretical analysis on the possibility of superconductivity in the trilayer Ruddlesden-Popper nickelate La4Ni3O10 under pressure and its experimental examination: Comparison with La3Ni2O7”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2024年3月4日
榊原らとの共同研究成果である論文“Possible High Tc Superconductivity in La3Ni2O7 under High Pressure through Manifestation of a Nearly Half-Filled Bilayer Hubbard Model”がPhys. Rev. Lett.に掲載されました。プレスリリースはこちら
2024年3月4日
栫らの論文“Time evolution of coherent wave propagation and spin relaxation in spin-orbit-coupled systems”がPhys. Rev. Aに掲載されました。
2024年2月12日
植田らの論文“Photoinduced η-pairing correlation in the Hubbard ladder”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2024年1月31日
金子らの論文“Pair correlations in the two-orbital Hubbard ladder: Implications for superconductivity in the bilayer nickelate La3Ni2O7”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2023年11月20日
越智の論文“Electron-hole dichotomy and enhancement of the thermoelectric power factor by electron-hole-asymmetric relaxation time: A model study on a two-valley system with strong intervalley scattering”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2023年11月13日
金子らの論文“Exciton-spin interactions in antiferromagnetic charge-transfer insulators”がPhys. Rev. Bに掲載されました。
2023年9月29日
京大他との共同研究成果である論文“Large perpendicular magnetic anisotropy induced by an inter-site charge transfer in strained EuVO2H films”がJACSに掲載されました。プレスリリースはこちら
2023年9月7日
越智の論文“Fully self-consistent optimization of the Jastrow-Slater-type wave function using a similarity-transformed Hamiltonian”がPhys. Rev. Aに掲載されました。
2023年4月19日
栫らの論文“A Stochastic Method to Compute the L2 Localisation Landscape”がJ. Phys. Soc. Jpn.に掲載されました。
2023年3月10日
理研他との共同研究成果である論文“Spin, Charge, and η-Spin Separation in One-Dimensional Photodoped Mott Insulators”がPhys. Rev. Lett. (Editors' Suggestion)に掲載されました。
2023年2月9日
越智の論文“TC++: First-principles calculation code for solids using the transcorrelated method”がComput. Phys. Commun.に掲載されました。
2022年5月23日
西口らの論文“Possibility of N-type Doping in CaAl2Si2-type Zintl Phase Compound CaZn2X2 (X = As, P)”がJ. Phys. Soc. Jpn.に掲載されました。

一定期間過ぎたものは過去のニュースに移動しています。